PC関係の情報など。あとは雑記。

まとブロ

シグマリオン

キーボードについて - シグマリオン2を手に入れた

投稿日:




シグマリオン2のキーボードについて、実際に使ってみて思うのはかなり変則的なレイアウトをしているなということ。特にキーレイアウトの右側がブラインドタッチできないぐらいカオスなことになっている。一番の不満点は右側にシフトキーがないこと。場所が違うんじゃなくて無いのだ。あとよく使うコロンキー括弧やアスタリスクなどもキーの最上段に追いやられている。このあたりは筐体の小ささ故にどうにか工夫したのだなと思うのでわかるとして、右サイドのシフトキーの不在は残念な点であることに間違いない。あとよくわからないのがA1~A10とプリントされているキーについてで、ファンクションキーのかわりなのかと思うがたいていのソフトで押しても無反応で割り当てされるほどの高機能なソフトがない。それとも私のシグマリオン2が故障しているのか。

720-1


キーのうち心地は他機種と比較はできないが悪くはないと思ってて、キーのピッチもこれ以上小さくなってしまうとフルキーボードとは別カテゴリーのものになってしまいそうだからしょうがない。他機種のキーレイアウトはどんな感じになっているか調べたら、Jornada720という機種のキーボードが理想に近い。しかもシグマリオン2と筐体の横幅サイズはほぼ同じときている。キーピッチは13.2mmとなっていて、シグマリオン2は14.1mmなのでさらに詰まっている。おそらくだけれどキーボードに関してはキーピッチよりもレイアウトをとったJornada720のほうがストレスは少ないと思う。

-シグマリオン

Copyright© まとブロ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.