まとまりのないブログ

something which something is something

雑記・雑学

No space left on device デバイスに空き領域がありません

投稿日:

Ubuntuサーバーでファイルをmvしようとしたとき、No space left on device となってファイルの移動コマンドを受け付けないようになってしまった。移動できない場合の原因として主なものは

  • ディスクの容量が本当にいっぱいでこれ以上保存できない場合
  • inodeを使い切ってしまっていて追加できない場合

大体この2つが原因らしい。

私の場合はそのどちらでもなく、ディスクスペースもinodeも余裕があるにもかかわらずNo space left on deviceというエラーが発生するようになってしまった。現象としては

  • 特定のファイルが移動できない
  • エラーが出たファイルとは別の名前のファイルなら移動できる

というような感じ。

このようなエラーが出るようになったきっかけは、思い当たるところではmvコマンドを実行中に途中で強制的にコマンドを遮断してしまったことぐらい。イレギュラーな操作をしてしまったことでディレクトリ情報の何かが壊れてしまって特定のファイルのコピーを受け付けないようになってしまったのかなと予想しているがそんなことがあり得るのかどうか不明。結局、そのディレクトリにはファイル移動ができなくなってしまったので新たにディレクトリを作成して、今度はmvコマンドのプロセスを途中でkillするようなことなく最後まで完遂させることにした。こういうことがあると巨大なファイルや膨大なファイルを移動させるときに今後は細心の注意を払う必要がある。

-雑記・雑学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

no image

東京オリンピック サッカー&バドミントン 組み合わせ

東京オリンピック バドミントン 組み合わせ&日程 東京オリンピック サッカー 組み合わせ&日程

no image

DSPack Delphi

DSPackとは? DirectShowを使いやすくしたライブラリ。動画の再生やウェブカメラ映像の保存などの機能を使いたいときに使うライブラリかもしれない。 DSPackでできること 動画を再生する …

モンブラン シニアム ボールペン レビュー

モンブラン シニアム 発売日:2004年頃 現在は廃盤 種類:ボールペン、ローラーボールペン、ファインライナーの3種。ボールペンはノック式でローラーボールとファインライナーはキャップ式。カラーはシルバ …

no image

SpriteKitのrunActionを遅延させる

SKspriteNodeを遅延させるには let wait = SKAction.waitForDuration(1) someNode.runAction(wait) とかすればすればいい。ループの …

cocos2d-x javascript no.0 基本

cocos2dの構成。cocos2d-jsは下記のような構成要素を持つ。 Director シーン レイヤー スプライト Director 実行環境やシーンの制御など、ゲームを構成するすべてを管理する …