まとまりのないブログ

something which something is something

mysql

HAPROXYを使ってmysqlサーバーの負荷分散

投稿日:

備忘録

listen mysql-db
        bind *:3306
        mode tcp
        option mysql-check user haproxy1
        balance roundrobin

        server slave1 192.168.24.100:3307 check inter 2000 fall 5
        server master 192.168.24.101:3306 backup

HAProxyの設定例。mysqlサーバーが2台あって、負荷分散を目的にしている様子。正直よくわからないが一応動いて入る模様。mysqlにはクラスター構成とか高度なことができるはずだがそこまで本格的なものは必要なくて簡易に負荷分散をできないかなと構築したと思う。(かなり前でもう忘れた)

-mysql

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

no image

eclipseのプロジェクトのソースファイルが全部消えた

eclipseで普通にデバッグ作業していただけなのにいきなりワークスペースのプロジェクトのフォルダ内のファイルが全部消えた。今までこんなことは経験がなかったので焦った。 消えるきっかけとなった原因 j …

no image

ssdでデータベースサーバを構築してみた

現状ではまだ手を出すのは早いかもしれないssdでデータベースサーバを構築してみた。実験的な意味で。

no image

SQL_CALC_FOUND_ROWSの効果

mysqlでは行数のカウントをするのにSQL_CALC_FOUND_ROWSというのを使うことができるようだが、where句に条件を指定した場合だとcount(*)でレコードをカウントする場合と大差な …

no image

Wrong bytesec: 49-48-48 at linkstart: 14313808772

またテーブルのクラッシュ。mysqlのテーブルがクラッシュする頻度が激増してきた。以前はこんなことなかったのだが・・・。今は一日一回発生して絶えず見張っていなければならないという状態になってしまってい …

no image

mysqlのテーブルのクラッシュ

/usr/local/mysql/bin/myisamchk –recover –force –sort_buffer_size=2048M /usr/local/mysql/data/auc/ …