まとまりのないブログ

something which something is something

mysql

HAPROXYを使ってmysqlサーバーの負荷分散

投稿日:

備忘録

listen mysql-db
        bind *:3306
        mode tcp
        option mysql-check user haproxy1
        balance roundrobin

        server slave1 192.168.24.100:3307 check inter 2000 fall 5
        server master 192.168.24.101:3306 backup

HAProxyの設定例。mysqlサーバーが2台あって、負荷分散を目的にしている様子。正直よくわからないが一応動いて入る模様。mysqlにはクラスター構成とか高度なことができるはずだがそこまで本格的なものは必要なくて簡易に負荷分散をできないかなと構築したと思う。(かなり前でもう忘れた)

-mysql

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

no image

結果の行数をカウントする

mysqlで結果の行数をカウントするsql文は、 seletc count(*) from foo; で取得するのが最も簡単ではあるけれど、レコード数が膨大な場合にはパフォーマンスの面で問題になる場合 …

no image

Blitzという名前のついたバルクメモリ

PCがやたらとフリーズするのでなんでだろうかと悩んでいた原因がわかった。アプライドの特価品メモリを使っていたのが原因だった。メモリの相性が悪かった、というより不良品のメモリであるというのが正しい表現だ …

no image

マシンスペックとデータベースのパフォーマンスの関係

マシンが高性能であればあるほど良いに越したことはないが、データベースソフトウェアのパフォーマンスにおいてはマシンの高性能化はあまり意味があるとはいえない。データベースのパフォーマンスを向上させるために …

no image

mroongaよりsennaの方が検索速度が速い場合がある

DBのレコード件数1800~2000万件程度のテーブルで全文検索した場合に、mroongaを使って検索した時にやたら時間がかかった。大体3秒~10秒ほどselect count(*)を実行するのにかか …

no image

mysqlの運用時のトラブルと試行錯誤のメモ

条件 1分間にクエリの実行が30回〜60回程度発生する。 結果のテーブルは7フィールドの数千〜10万件レコード程度のテーブル mysqlのスペックはCPUがcore2duo,メモリが8GB,他のサービ …