intel mac mini 2Ghz のベンチマークテスト

benchi2.gif2.0GHz Mac mini (MB139J/A)をメモリを2GBへ増設した記念にベンチマークテスト。ベンチマークに使ったソフトはcrystalmarkというソフト。結果は下記の通り。fx55v/bpの6倍のスコアが出てしまった。

MARK 63417
ALU 17228
FPU 20472
MEM 9868
HDD 3704
GDI 4854
D2D 5174
OGL 2117

sony vaio fx55v/bp のベンチマークテスト

bench.gif手持ちのくたびれたvaio fx55v/bpcrystalmarkというソフトを使ってベンチマークテストしてみた。結果は以下の通り。

MARK 10704
ALU 3068
FPU 3294
MEM 1035
HDD 1494
GDI 1244
D2D 58
OGL 511

intel mac mini のメモリ交換

system_propetie.jpg1GBから2GBへメモリの換装を終了。思ったよりも難しかった。あらかじめ他のサイトの分解手順や画像で予習していたものの、実際やってみると予想外の事態に何度も遭遇してしまったため、もう2度とmac miniの筐体は開けたくないと思った。とりあえずは2GBのメモリが認識されてよかったけれど、もう少しで本体を傷だらけにしたうえに最悪再起不能にするところだった。(絶対分解に挑戦した人の中には失敗してmac miniを再起不能にした人がいるはず。それほど簡単な作業とは思えなかった。)

検索語句を表示する

wordpressの検索結果ページ(search.php)に検索に使われた語句を表示してみる。プラグインとかは使わないで、phpのsplit関数とurldecode関数を使ってやることにする。

検索フォームに検索語句を入力し、検索結果ページを表示したとき、その情報はhttp環境変数のQUERY_STRINGを参照することで取得できる。wordpress検索語句の場合は s=%E3%83%86%E3%82%B9%E3%83%88 というような形式で収められている。この’s=’より後の部分が検索に使われた検索語句であるため、その部分を取り出し、urlデコードをかけることで、検索語句を取得することができる。下記にコードのサンプルを参考までに。

サンプル

<?php
  //環境変数から検索に使われた文字列を取り出し。
  $str = $_SERVER["QUERY_STRING"];

  // =で分割して配列に格納する。
  $array = split("=",$str);

  // 配列の1番目をurldecodeして表示する。0番目にはsがあるはず。
  print(urldecode($array[1]));
?>

(余談:この方法はhttpの環境変数から取得して検索語句を取り出している。したがって、環境変数に検索語句が格納されていない場合は当然表示されない。googleなどでインデックスされたページには、なぜかwordpresの検索結果のページが検索結果として表示される(まぎらわしい表現だが)。そういう場合の検索語句も表示したい場合は、javascriptを使って現在表示されているurlを取得→split→urldecodeという流れでやれば、同じようにできる。私はやらない。面倒だから。あくまでもサイト内で検索をした結果の、そのときに使った検索語句を表示することが重要だと思っているので。)

ポトスの水栽培-20日目

0108-001.jpg20日目。その間、水替えを2回ほど実施した以外はほとんどほったらかし。水だけしかないのに意外と成長することに驚いた。根も前から比べるとかなり伸びた。大体10~15センチほど。

0108-003.jpg根の様子。

0108-002.jpg根の様子。フラッシュ。

0108-004.jpg根の様子。接写。

0108-005.jpg2号機も調子に乗って栽培を開始した。品種は、マーブルポトスというのと、ライムポトスという2種がまとめて入れてある。

根も大分伸びてきたようなので、そろそろ鉢植えをしても良い頃。冬場は鉢植えをしたらいけないというようなことがインターネット上を調べていると定説になっているようだけれど、ポトスに限っては、室内で栽培している限りは、まず枯れない。

wordpressの投稿内容でphpを使えるようにするプラグイン PHP Exec Plugin

WordPress PHP Exec Plugin

記事の投稿ページ内でphpのコードを利用できるようにするプラグイン。

ダウンロード

下記のページにアクセスし、Wordpress PHP Exec Pluginのプラグインのページを開き、phpexec.txtダウンロードして、ファイルの拡張子をtxtからphpへ名前を付けて保存する

インストール

  1. 保存したphpexec.phpファイルをコピーして、wordpressのプラグインディレクトリ(/wp-content/plugin/)にペーストする。
  2. wordpressの管理画面にログインし、プラグインタブよりphp-execを有効にする
  3. 投稿内容にphpコードを下記のように記述して投稿する。<phpcode>と</phpcode>の間へwordpressタグやphpコードそのものなどを記述することで、記事投稿内容であってもphpを実行することができるようになる。(ただし、権限によって制限がされる。そうでないとゲストユーザにも許可を与えてしまうことになるため。デフォルトではレベル9に設定されており、管理者権限のみしか利用できないようになっている。変更するには、wordpressの管理画面の各種設定からphpexecを選択することで変更することができる。)
    
    <phpcode>
    	<?php
    	echo "Current date and time: ";
    	echo date("l dS of F Y h:i:s A");
    	?>
    </phpcode>
    

参考

参考:ユーザ権限資料

operaが起動できなくなった・・・

私はウェブブラウザは主にoperaを愛用しているのだけれど、今日負荷を掛けすぎたらまったく起動できなくなってしまった。負荷はサーバへ複数大きめのファイルをアップロードしたり、画像編集ソフトで編集したりといったことを同時に行った。その後パソコンのファンが音を上げはじめたので再起動をしてみたら、それきりoperaが起動しなくなってしまった。修復をしてみてもダメ。後やることといったら、一度アンインストールしてもう一度インストールし直すことぐらいしかない。困った。

(数時間後)
・・・いろいろ調べたり再起動を繰り返してみたりしたら復活した。謎。