まとまりのないブログ

something which something is something

Tips

Redisに登録したデータが消える

投稿日:2020年11月7日 更新日:

消える。とにかく消える。expireを設定しておいてもその期限前に消える。マシンのメモリの上限に達しているわけではなさそうなのだが、ある程度登録データが溜まってきたらごっそり消える。なんでだ。noevictionに設定すればさすがに消えないようだがそれ以外だと意味不明理不尽に消されてしまう。

わからないこと

  • 一定時間経つと消えるようになっているのか?
  • 消えたのはやっぱりシステムメモリに上限が来てしまったからか?
  • 設定したメモリ容量の上限に達していなくても一定時間アクセスされないと消えるのか?
  • saveしないようにすると定期的にきえるようになるのか?

とにかくわからない。永続化は必要ないのでmemcachedのように保存しないように設定して運用していたがそれがだめだったのだろうか。とりあえず保存する設定でも試してみるがわけわからん。

-Tips

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

no image

System.Data.OleDb.OleDbException: ファイル ’ファイルパス ’ が見つかりませんでした。

データベースファイルを相対指定にしていて、openfiledialogでローカルのファイルを選択後に、データベースのファイルの指定が絶対指定に変わってしまった。その結果、当然ながらデータベース接続エラ …

Pythonのメリット・デメリット

ラズベリーパイで遊んでいると避けては通れないプログラミング言語のPythonについて思ったことを記してみる。 メリット 低スペックマシンでも動く ラズベリーパイでも 開発がやりやすい コンパイルしなく …

no image

MySQL5.7ではskip-innodbが効かなくなってる

MySQLのバージョン5.7をインストールしてみて起動したところInnoDBが起動時のログに流れていたのでいつものようにskip-innodbをmy.cnfに追加してみたところ効果がなかったので調べて …

no image

シンプルな家計簿(仮) バージョン0.914をリリースしました

シンプルな家計簿(仮) バージョン0.914をリリースしました。 詳しくはこちらのページへ https://www.crossdrive.net/wp/software/cdn-01 主な修正内容はバ …

no image

コンピュータ将棋の思考ルーチンを検討

実際に人間が対局する場合の次の1手をベースに検討してみる。次の1手を検討する場合のチェックポイント。 ・相手玉に詰みがあるか ・自玉が王手がかかっているか ・自軍の駒で敵駒の利きが入っている駒はあるか …