まとまりのないブログ

something which something is something

cocos2d 雑記・雑学

cocos2d-x javascript no.2 タッチイベントの追加

投稿日:2017年11月17日 更新日:

イベントはシーンまたはレイヤー、スプライトに追加することができる。イベントを定義し、addListnerにてそのイベントと対象オブジェクトを設定することでタッチイベントを受けることができるようになる。

スプライトにイベントを追加

window.onload = function(){
cc.game.onStart = function(){

var MyScene = cc.Scene.extend({
onEnter:function () {
this._super();
var size = cc.director.getWinSize();

var sprite = cc.Sprite.create(“ball.png”);
sprite.setPosition(size.width / 2, size.height / 2);
sprite.setScale(0.8);
sprite.name = “sprite1”;
this.addChild(sprite, 0);

var sprite2 = cc.Sprite.create(“ball.png”);
sprite2.setPosition(size.width / 2.5, size.height / 2.5);
sprite2.setScale(0.8);
sprite2.name = “sprite2”;
this.addChild(sprite2, 0);

var sprite3 = cc.Sprite.create(“ball.png”);
sprite3.setPosition(size.width / 1.5, size.height / 1.5);
sprite3.setScale(0.8);
sprite3.name = “sprite3”;
this.addChild(sprite3, 0);

cc.eventManager.addListener(listener, sprite);
cc.eventManager.addListener(listener.clone(), sprite2);
cc.eventManager.addListener(listener.clone(), sprite3);

}
});
cc.director.runScene(new MyScene());

};
cc.game.run(“gameCanvas”);
};

var listener = cc.EventListener.create({
event: cc.EventListener.TOUCH_ONE_BY_ONE,

onTouchBegan: function (touch, event) {

var target = event.getCurrentTarget();
var location = target.convertToNodeSpace(touch.getLocation());
var spriteSize = target.getContentSize();
var spriteRect = cc.rect(0, 0, spriteSize.width, spriteSize.height);

if (cc.rectContainsPoint(spriteRect, location)) {
cc.log(target.name + ” touched.”);
return true;
}

return false;
},

onTouchMoved: function (touch, event) {
cc.log(“onTouchMoved”);

var target = event.getCurrentTarget();
var delta = touch.getDelta();
target.setPosition(cc.pAdd(target.getPosition(), delta));
}

return false;
}

});

解説

シーンに対してスプライト3つを追加。(sprite1,sprite2,sprite3)
スプライトのイメージは適当なボールの画像とした。(ball.png)
スプライトを定義・追加したあとそれぞにイベントを追加。(cc.eventManager.addListener)
イベントの種類はタッチとムーブ。
スプライトが複数ある場合は、どのスプライトがタッチされたのかを識別する必要があるため、スプライトごとにイベントを設定する。イベント追加時にlistener.clone()とすることでスプライトごとのイベントを受け取れるようになる。
イベントの設定では単にイベントを定義しただけではゲーム画面全体のどこでもタッチするとイベントが受け取れるようになってしまっているため、スプライトのサイズに合わせてイベントを受け取れるように設定する必要がある。その判定がevent.getCurrentTarget()以下の記述である。

-cocos2d, 雑記・雑学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

cocos2d-x javascript no.3 スプライトの大きさの変更

スプライトの大きさの変更 var sprite = cc.Sprite.create(“ball.png”); sprite.setTextureRect(cc.rect(0, …

no image

swift – itunes store にサインイン画面が何度も表示される

iPhoneアプリ開発中にStoreKitの購入処理をデバッグしていたら、アプリ起動時にサインインを求められる画面が表示されるようになった。これが表示されるようになった原因は、直前の購入処理がうまくい …

no image

海外通販で注文したラズベリーパイゼロが届いた

pimoroniというラズベリーパイを中心に売っている海外の通信販売サイトで注文したラズパイゼロが届いた。注文から到着まで約1周間強といったところ。普通の通販と違って海外からなので最悪届かないんじゃな …

no image

ASUS INTEL H310 PRIME H310M-E R2.0 レビュー

H310M-Aとの違い H310M-Aは発売日が2018/12/20となっており、H310M-Eは発売日が2019/5/23 となっている。スペックではH310M-AとH310M-Eで変更点は見当たら …

no image

レイアウトの位置設定でframeで設定する場合とpositionで設定する場合の違い

iosのUIButtonの配置で気になったのでメモ。 var myButton: UIButton! // Buttonを生成する. myButton = UIButton() // サイズを設定する …