まとまりのないブログ

something which something is something

linux

Debian amd64用のインストールCDを作成

投稿日:

前口上

現在私が使用しているサーバにインストールされているdebianは、2.6.24-etchnhalf.1-486というカーネルでインストールされている。cpuがamd64のマシンで使った場合、メモリが900MB程しか認識されないという現象があった。そのマシンのカーネルをamd64用のものをインストールしてアップグレードをしようと試みたが、アップグレードして起動後の動作確認においてネットワーク関連などのハードウェアドライバの認識などが上手くいかなかった。仕方が無いので、こうなったら最初から、インストールディスクの作成からはじめようと思ってOSの再インストール作業をすることにした。また、この際だからHDDの容量も現在使用している80GBのものから1TBのものへ換装してからやることにする。

メモリが900MBほどしか認識されない現象の原因は、正直わからない。カーネルのメモリの設定では、

cdn-project:/# cat /boot/config-2.6.24-etchnhalf.1-486 | grep HIGH
CONFIG_NOHIGHMEM=y
# CONFIG_HIGHMEM4G is not set
# CONFIG_HIGHMEM64G is not set

と、メモリを低容量で使うというような設定になっている。この設定がされたのがamd64のマシンだからなのかはわからない。同じインストール方法でintel製のcpuでインストールした場合には

cdn-project:/# cat /boot/config-2.6.24-etchnhalf.1-686 | grep HIGH
CONFIG_HIGH_RES_TIMERS=y
# CONFIG_NOHIGHMEM is not set
CONFIG_HIGHMEM4G=y
# CONFIG_HIGHMEM64G is not set
CONFIG_HIGHMEM=y
# CONFIG_HIGHPTE is not set
# CONFIG_DEBUG_HIGHMEM is not set

という感じでHIGHMEM4Gが有効になっている。今気づいたが、カーネルの情報がamd64マシンは1-486となり、intelマシンは1-686となっている模様。これが何を意味するのかはちょっとよくわからない。とにかく、amd64で動かすマシンではメモリが900MBではまったく足らない状況に今なってしまっているため、とにかく速度が必要で、これをなんとか有効にして稼動させなければならないというのが、今の私の状況である。そのためにインストールCDの作成から再構築をしようとしている。

Debianをインストールしようとしているマシンについて

Debianをインストールしようとしているマシンは、Dell PowerEdge T105 という名前の無骨な筐体デザインのマシン。2008年の9月ごろにセールで購入。クアッドコアが載った値段が安いというだけのマシン。稼動音は意外に静かでサーバ用途で使うなら特に不満は無いという感じ。サイズは特に大きいというわけでもなく、サーバとしては手ごろな大きさ。安かったからもう一台購入しようかと思ったら、2009年2月現在では4~5万かかる模様。去年は2万以下だったんだけれど・・・。

このPowerEdge T105にはopteronという名前のcpuが搭載されている。このcpuはamd64ということでよいのだろうか?x64なら64bitで、x86なら32bit対応ということで合ってると思うが、ウィキペディアを見る限りでは64bitなのか32bitなのかよくわからない。amd64なのだから64bitである、ということで作業は進めていくことにする(いいんだろうか?)。

Debianを選択した理由

OSにDebianを選択した理由は、初心者にも扱いやすいらしいという理由で選択。他には情報がそれなりに多そうだという点も。それ以外は特に無くDebianでなければならないとかDebianが好きだとかいうものは無い。正直DebianとDebian以外のLinuxの違いもわからない。今ならubuntuという新しいLinuxもあるらしいが、前に使っていたのがDebianだったので次もまあDebianか、という感じ。新しいことを覚えるのがしんどいというのもある・・・。

cdイメージをダウンロードする。

http://www.jp.debian.org/CD/netinst/よりamd64用のdebianのcdイメージをダウンロードする。

debian-500-amd64-netinst.iso

安定版をダウンロードすることにした。サイズはおよそ140MB。

cdイメージをディスクに焼く

deb-iso.gif空のCD-Rを光学ドライブに挿入する。そして、DVD Decrypterを起動する。メニューのモードからISOを選択して、書き込みを選択する。そして、画面の入力元にあるフォルダアイコンをクリックして、先ほどダウンロードしたDebianのcdイメージファイルを選択する。そして、画面左下の書き込みボタンをクリックして書き込む。

deb-iso21.gif書き込み中。およそ5~10分程度で完了した。出来上がったディスクにマジックでラベル面にDebianと書いてディスク作成は完了。

t105へdebian amd64をインストール

dev-1.jpgt105へ新品のHDDを装着する。容量は1TBのもの(WESTERN DIGITAL 3.5インチ内蔵HDD 1TB SATA WD10EADS
)を使うことにした。メモリは4GBを積んだ。初期状態では2GBのメモリが装着されていたが、そこにさらに2GBを追加した。初期のメモリは667Mhzの速度のメモリが装着されており、追加したメモリは800MHzの速度のメモリを装着した。速度が違っても別に関係なくbiosでは4GBが認識されていた。ただし、メモリのエラーが表示されるようになり、f1キーを押さないと先に進むことができなくなってしまった。
電源コードとlanケーブルを本体に繋ぎ、電源を入れる。そして先ほど作成したDebianのインストールcdを光学ドライブへ入れる。何かキーを押せばDebianのインストールが始まる。

dev-2.jpgグラフィカルインストールを選択してインストールを開始することにした。ウィザードに従って入力していくだけでインストール作業は進めることができるので特に変わったことはないが、その途中のネットワーク関係の設定はつまづくかと思っていたがあっさりと認識された。カーネルのアップグレードではどうやっても認識されなかったネットワークアダプタが、amd64用のインストールディスクを使ってインストールしたら何事もなかったようにlanにつながった。やはり初心者にはカーネルをアップグレードしてどうこうするというのは敷居が高かったのか。面倒でもamd64用のインストールディスクを作成してゼロからインストールするというのが確実で手っ取り早いということがわかった。(apt-getでカーネルアップグレードしてamd64を使おうとしたときは1日無駄にしてしまったうえに結局失敗したのに・・・)

dev-3.jpgインストール完了してログイン画面が表示されたところ。バージョンが5.0らしく以前よりもスタイリッシュになっている。

cpuとメモリチェック

Debianのamd64をインストールした理由は、cpuとメモリが以前のカーネルでは認識されなかったためにある。ちゃんと認識されているかチェックする。まずはcpuの情報から。

cdn-project:/# cat /proc/cpuinfo
processor       : 0
vendor_id       : AuthenticAMD
cpu family      : 16
model           : 2
model name      : Quad-Core AMD Opteron(tm) Processor 1352
stepping        : 3
cpu MHz         : 1050.000
cache size      : 512 KB
physical id     : 0
siblings        : 4
core id         : 0
cpu cores       : 4
apicid          : 0
initial apicid  : 0
fpu             : yes
fpu_exception   : yes
cpuid level     : 5
wp              : yes
flags           : fpu vme de pse tsc msr pae mce cx8 apic sep mtrr pge mca cmov pat pse36 clflush mmx fxsr sse sse2 ht syscall nx mmxext fxsr_opt pdpe1gb rdtscp lm 3dnowext 3dnow constant_tsc rep_good pni monitor cx16 popcnt lahf_lm cmp_legacy svm extapic cr8_legacy abm sse4a misalignsse 3dnowprefetch osvw ibs
bogomips        : 4222.12
TLB size        : 1024 4K pages
clflush size    : 64
cache_alignment : 64
address sizes   : 48 bits physical, 48 bits virtual
power management: ts ttp tm stc 100mhzsteps hwpstate

processor       : 1
vendor_id       : AuthenticAMD
cpu family      : 16
model           : 2
model name      : Quad-Core AMD Opteron(tm) Processor 1352
stepping        : 3
cpu MHz         : 2100.000
cache size      : 512 KB
physical id     : 0
siblings        : 4
core id         : 1
cpu cores       : 4
apicid          : 1
initial apicid  : 1
fpu             : yes
fpu_exception   : yes
cpuid level     : 5
wp              : yes
flags           : fpu vme de pse tsc msr pae mce cx8 apic sep mtrr pge mca cmov pat pse36 clflush mmx fxsr sse sse2 ht syscall nx mmxext fxsr_opt pdpe1gb rdtscp lm 3dnowext 3dnow constant_tsc rep_good pni monitor cx16 popcnt lahf_lm cmp_legacy svm extapic cr8_legacy abm sse4a misalignsse 3dnowprefetch osvw ibs
bogomips        : 4219.72
TLB size        : 1024 4K pages
clflush size    : 64
cache_alignment : 64
address sizes   : 48 bits physical, 48 bits virtual
power management: ts ttp tm stc 100mhzsteps hwpstate

processor       : 2
vendor_id       : AuthenticAMD
cpu family      : 16
model           : 2
model name      : Quad-Core AMD Opteron(tm) Processor 1352
stepping        : 3
cpu MHz         : 1050.000
cache size      : 512 KB
physical id     : 0
siblings        : 4
core id         : 2
cpu cores       : 4
apicid          : 2
initial apicid  : 2
fpu             : yes
fpu_exception   : yes
cpuid level     : 5
wp              : yes
flags           : fpu vme de pse tsc msr pae mce cx8 apic sep mtrr pge mca cmov pat pse36 clflush mmx fxsr sse sse2 ht syscall nx mmxext fxsr_opt pdpe1gb rdtscp lm 3dnowext 3dnow constant_tsc rep_good pni monitor cx16 popcnt lahf_lm cmp_legacy svm extapic cr8_legacy abm sse4a misalignsse 3dnowprefetch osvw ibs
bogomips        : 4219.58
TLB size        : 1024 4K pages
clflush size    : 64
cache_alignment : 64
address sizes   : 48 bits physical, 48 bits virtual
power management: ts ttp tm stc 100mhzsteps hwpstate

processor       : 3
vendor_id       : AuthenticAMD
cpu family      : 16
model           : 2
model name      : Quad-Core AMD Opteron(tm) Processor 1352
stepping        : 3
cpu MHz         : 1050.000
cache size      : 512 KB
physical id     : 0
siblings        : 4
core id         : 3
cpu cores       : 4
apicid          : 3
initial apicid  : 3
fpu             : yes
fpu_exception   : yes
cpuid level     : 5
wp              : yes
flags           : fpu vme de pse tsc msr pae mce cx8 apic sep mtrr pge mca cmov pat pse36 clflush mmx fxsr sse sse2 ht syscall nx mmxext fxsr_opt pdpe1gb rdtscp lm 3dnowext 3dnow constant_tsc rep_good pni monitor cx16 popcnt lahf_lm cmp_legacy svm extapic cr8_legacy abm sse4a misalignsse 3dnowprefetch osvw ibs
bogomips        : 4219.56
TLB size        : 1024 4K pages
clflush size    : 64
cache_alignment : 64
address sizes   : 48 bits physical, 48 bits virtual
power management: ts ttp tm stc 100mhzsteps hwpstate

Quad-Core という名称どおり4つのコア情報が表示される。次はメモリ。

cdn-project:/# cat /proc/meminfo
MemTotal:      4063136 kB
MemFree:         30388 kB
Buffers:         10732 kB
Cached:        3331928 kB
SwapCached:          0 kB
Active:        2774528 kB
Inactive:      1107884 kB
SwapTotal:    11904124 kB
SwapFree:     11904052 kB
Dirty:          171648 kB
Writeback:           0 kB
AnonPages:      539792 kB
Mapped:        1068548 kB
Slab:           107400 kB
SReclaimable:    98520 kB
SUnreclaim:       8880 kB
PageTables:      12400 kB
NFS_Unstable:        0 kB
Bounce:              0 kB
WritebackTmp:        0 kB
CommitLimit:  13935692 kB
Committed_AS:  1087096 kB
VmallocTotal: 34359738367 kB
VmallocUsed:     27672 kB
VmallocChunk: 34359710515 kB
HugePages_Total:     0
HugePages_Free:      0
HugePages_Rsvd:      0
HugePages_Surp:      0
Hugepagesize:     2048 kB

良し。cpuはクアッドコア、メモリは4GB、目的は達成することができた模様。

-linux
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

no image

debianにsambaをインストール

root@cdn-project:/# apt-get install samba 途中で選択するステップが現れるので、ネットワークのグループ名を入力して、dhcpは今のところ私の環境ではつかっていな …

no image

Your system had a kernel failure

fedora 11をインストールした。コアシステムだけでよかったんだけれど、フルパッケージしか見つからず5~6時間かけてようやくインストールを完了させた。ほー、これがfedoraのデスクトップか、と見 …

no image

debianのglibcのバージョン

atk-1.10.3をインストールしようとしていたらconfigure時にエラーが発生した。 checking for GLIB – version >= 2.5.7… *** ‘pkg-conf …

no image

サーバ版のUbuntuに固定ipアドレスを設定する

Debianの設定とは微妙に違ったのでメモ。下記の例は固定のipアドレス192.168.11.11をサーバ版のUbuntuに設定したもの。私はbuffaloのルータを使っているためlanのネットワーク …

no image

LinuxにJavaをインストールするときのメモ

毎回Linuxをインストールした後にJavaをインストールするとき、手順を忘れて探し回っていたのでメモしておく。 ダウンロード ダウンロードページより最新の開発ツールをダウンロードする。Java SE …