まとまりのないブログ

something which something is something

ベンチマーク

Intel D510MO のベンチマーク

投稿日:

D510MOのcrystalmark結果Intel D510MO という次世代Atomプロセッサが搭載されたマザーボードをcrystalmarkというソフトでベンチマークを計測。
CPUの性能はAtom330よりも僅かながら確実に向上している模様。その他には特に変わったところは見つからず。
マザーボードの構成がメモリDDR2を2枚挿すことが可能となっており、最大4GBまで認識させることが可能となっている。メモリのクロックは667Mhzまたは800Mhzのものが使用可能。仕様書にはシングルチャンネルと記載されている。サーバ用のECCメモリは認識できずに起動不能。

私はAtom330のマザーからこのD510MOに乗り換えたわけだけれど,その目的はサーバー用途にするために,それまではメモリが2GBまでしか認識しないマザーだったので,DDR2のメモリが2枚で最大4GB認識されるということに価値を見出したから乗り換えることにした。しかし,それ以外のポイントでは乗り換える価値が乏しいと感じる。なんとなく良さそうなマザーな気はするけれども,次のバージョンアップに期待。

ログ

——————————————————————————
CrystalMark Result
——————————————————————————
Display Mode : 1680 x 1050 32bit (Normal)
Disk Info : WesternDigital [ 80.0 GB]

CrystalMark : 44089

[ ALU ] 11048
Fibonacci : 3628
Napierian : 1759
Eratosthenes : 2374
QuickSort : 3265
[ FPU ] 9325
MikoFPU : 992
RandMeanSS : 4489
FFT : 2242
Mandelbrot : 1580
[ MEM ] 8606
Read : 3688.27 MB/s ( 3688)
Write : 1226.69 MB/s ( 1226)
Read/Write : 1227.99 MB/s ( 1227)
Cache : 24434.74 MB/s ( 2443)
[ HDD ] 8596
Read : 57.90 MB/s ( 2316)
Write : 53.54 MB/s ( 2141)
RandomRead512K : 34.43 MB/s ( 1377)
RandomWrite512K : 43.55 MB/s ( 1742)
RandomRead 64K : 8.84 MB/s ( 353)
RandomWrite 64K : 16.69 MB/s ( 667)
[ GDI ] 2464
Text : 455
Square : 550
Circle : 861
BitBlt : 598
[ D2D ] 3322
Sprite 10 : 144.11 FPS ( 14)
Sprite 100 : 134.43 FPS ( 134)
Sprite 500 : 102.45 FPS ( 512)
Sprite 1000 : 68.99 FPS ( 689)
Sprite 5000 : 19.23 FPS ( 961)
Sprite 10000 : 10.12 FPS ( 1012)
[ OGL ] 728
Scene 1 Score : 456
Lines (x1000) : ( 38634)
Scene 1 CPUs : ( 8)
Scene 2 Score : 272
Polygons(x1000) : ( 5743)
Scene 2 CPUs : ( 4)

——————————————————————————
System Information
——————————————————————————
OS : Windows XP Home Service Pack 2 [5.1 Build 2600]
Display Mode : 1680 x 1050 32bit 60Hz
Memory : 2543 MB (Elpida)
DirectX : 9.0c
——————————————————————————
CPU
——————————————————————————
CPU Name : Intel Atom
Vendor String : GenuineIntel
Name String : Intel(R) Atom(TM) CPU D510 @ 1.66GHz
CPU Type : Original OEM processor
Number(Logical) : 4
Family : 6
Model : C
Stepping : A
Feature : MMX SSE SSE2 SSE3 SSSE3 XD Intel 64
Clock : 1666.77 MHz
Data Rate : QDR

L1 I-Cache : 32 KB
——————————————————————————
Device
——————————————————————————
ChipSet : Intel Unknown
North : Intel Unknown
South : Intel Unknown
Video : Intel Unknown
IDE Controller : Intel(R) N10/ICH7 Family Serial ATA Storage Controller – 27C0
——————————————————————————
HDD
——————————————————————————
Type Size Model ( Buffer Mode )
SATA 80.0GB WDC WD800AAJS-18TDA1 8192KB SATA/300

追記

数か月使ってみたところ,どうも調子が悪い。再起動をしようとしたらbiosの画面で止まってしまうということがよくある。原因は不明。個体差による初期不良かもしれないが,常時稼働を目的としたサーバ用途では安定度という点からして致命的。

-ベンチマーク

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

no image

Celeron dual-core E3300 のベンチマーク

Celeron dual-core E3300 を使って新たにPCを自作したので記念にcrystalmarkというベンチマークソフトを使ってのベンチマーク。 クロックはノーマル。 マザーボードはDG4 …

no image

INTEL M.2 NVME SSD 760p SSDPEKKW256G8 ベンチマーク

crystal disk mark結果

eeepc 4d-g のベンチマークテスト

結果は右の通り。ソフトはcrystalmarkというベンチマークソフトを使用。eeepcについてはメモリを2GBに換装したのみであとはノーマル。

no image

Hitachi HDP725050GLA360 のベンチマーク

CrystalDiskMarkによる Hitachi HDP725050GLA360 のベンチマーク 5000時間超の使用後に計測

no image

WD1601ABYS-18C0A0

Sequential Read : 59.850 MB/s Sequential Write : 35.996 MB/s Random Read 512KB : 17.431 MB/s Random …