まとまりのないブログ

something which something is something

vb.net 交差運転日記

datagridの選択した行のセルの値を取得する

投稿日:

備忘。.netframeworks2.0のコントロールであるdatagridコントロールで、バインドされたデータ一覧から選択された行のセル値を取得する方法。datagridのSelectedRowsプロパティを使うとセルの値を取得することができるようになる。SelectedRowsという風に複数形になっているところに気づかなくてしばらく嵌ってしまった。行を複数選択された場合のことも想定されているようなのでインデックスを指定しなければセルの値は取得できない。SelectedRows(0)という風に。

サンプルコード

Dim selectedValue As String
selectedValue = Me.datagrid1.SelectedRows(0).Cells(0).Value

-vb.net, 交差運転日記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

no image

datagridの内容をmschartに表示

ボツになった案。vb6用のランタイムが無いとmschartは表示することができないので自分は使うことができないけど、誰かほかの人の参考になればと思って。やろうとしてたことのサンプルコードは下記に載せて …

no image

kevi3d_5

アームのジョイント部分

no image

単3乾電池の重量

マウスをコード式からマイクロソフトのワイヤレスマウスに変えた。動作には単3乾電池1本が使われている。今のところはエネループを使うつもりでいるのだけれど、単3乾電池というものの重量には違いがあるのかどう …

no image

Delphi : StringGrid使用時にセルの右寄せをすると2重表示などがされる問題

ウィンドウスタイルをカスタムスタイルに変更した場合に2重表示される。標準のWindowsスタイルなら2重表示はされない。 調べたこと 2重表示を回避するには、StringGridのプロパティのDefa …

no image

Delphi : DBGridのデータが(WIDEMEMO)と表示される場合の対処法

組み込みデータベースのsqliteをADOで接続してselectしたテーブルをDBGridにバインドしてみたら、sqliteのTextフィールドの値が表示されないのでかなりハマった。WIDEMEMOっ …