something which something is something

まとまりのないブログ

交差運転日記

三井住友VISAカードの審査期間(Amazonマスターカード)

更新日:

今メインで使っているクレジットカードのポイントがあまり買い物で入らないので、Amazonマスターカードに変更すべく申し込みをしてみた。9月下旬に申し込みをして、10月16日に結果が出た。約3週間も結果がでるだけにかかった。結果は審査に通ったらしくカード発行手続き中とのことで、現在はまだカードは届いていない。三井住友VISAは申請からカード到着まで1ヶ月近くかかるのかもしれない。人によってはもっと早く審査がおわるのかもしれないが私の場合は念入りに審査をされた模様(過去に滞納はしてなかったと思うが・・・)。

クレジットカードはネットで買い物ぐらいそれもアマゾンが多いのでこのAmazonクラシックカードをゲットできたのはよかった。今使っているカードも元はと言えばアマゾンで作ったのだったけれど、カード会社がころころ変わって今では三井住友トラストカードというカード会社になっている。この三井住友トラストカードというカードの印象は、私の使い方がネットの買い物とか支払いのみなのであれだが、まあ普通のカード。年会費が前は無料だったのにカード会社の変更とともに3150円かかるようになったのが微妙にひっかかるところ。利用するごとにたまるポイントについては100円につき2ポイント貯まるようで、8000ポイント貯めればアマゾンギフト券2000円分と交換できる。ポイントを貯めるのはなかなか渋いカードである。特典として空港ラウンジがりようできるとかなんとかあるらしいが私は旅行などしないのでまったく無意味。ネットで評判を調べてみると

  • シティからの身売りで全くの無名カードに
  • 年会費の割に保険もT/Eサービスも充実しているのでよいカードでしょう
  • 長く所持してましたが、サービスや電話対応がイマイチな感じでした。

あまりよくない様子。CITIカードが日本から撤退したことで日本の会社へ売却したのが現在の会社ということらしい。年会費無料だったら持っててもいいかなと思ったけれども使うメリットも感じないしでおそらく次の更新前にこのカードは解約をする予定。アマゾンカードに順次支払いは移行していって、ポイントも2%(プライム会員なら)貯まるらしいので、仮にアマゾン2000ポイント貯めるのなら10万円の買い物をすればいいということになる。三井住友トラストカードなら40万円分買い物しないとアマゾン2000ポイントにならない。

三井住友トラストクラブ・カード(エリート)の主な特徴は

  • 年会費3150円
  • 国内空港ラウンジを無料利用可
  • 買い物100円につきリワードポイントを2ポイント獲得できる
  • 15日締め10日払い
  • 22歳以上 年収200万円以上から入会の目安

といったところ。審査の厳しさは私が持ってるぐらいだから厳しくはないと思うが前のカード会社で審査してもらったので、今の三井住友トラストクラブという会社はわからない。ネットの評判を見る限りステータス性(笑)があるわけでもないのでわざわざこのカードを欲しくて作る人もいないのではないだろうか。カードのデザインはゴールドで、券面には「ELITE」と印字されているのでもしかしたら知らない人にはなんかすごいカードなのかと思わせることができるかもしれない。

-交差運転日記

Copyright© まとまりのないブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.