something which something is something

まとまりのないブログ

交差運転日記

最新のraspberry piのCPU性能がintel Atomの性能を超えていた件

投稿日:

超小型なシングルボードPCであるraspberry piの性能について、結構前からその存在は知っていたのだけれどまだまだ普通のデスクトップPCとかで使われるIntel Atomプロセッサにはかなわないよなと思っていたらいつのまにか追い抜いていた。

raspberry pi 4に使われているCPUはARM Cortex-A72という型番でクアッドコア1.5GHzで動作する。で、それがどれほどの性能かというと

ARMの次期CPUコア「Cortex-A72」はIntelのCore M以上の超絶性能であることが判明
https://gigazine.net/news/20150427-cortex-a72/

ARM Cortex-A72 vs Intel Atom x5-Z8500
https://versus.com/ja/arm-cortex-a72-vs-intel-atom-x5-z8500
ARM Cortex-A72が4コアのAtomプロセッサよりも若干上回っている模様

私が所有しているIntel Atom 330 が乗っているマシンとAtom x5-Z8500を比較してみると、
https://www.cpubenchmark.net/compare/Intel-Atom-x5-Z8500-vs-Intel-Core-i3-330M/2581vs742
という感じでZ8500はatom330よりも10~20%ほど処理性能がよいということらしい。Intel Atom 330というプロセッサとはどういうものかというとAtomの第一世代に登場したCPUでmini-itxサイズのマザーボードにオンボードとして発売されたりあとはベアボーンキットとして発売されたCPUである。性能はというと2コア4スレッドのなんちゃって4コアCPUとして鳴り物入りで登場したが実際はWindows XPならなんとかサクサク動かせることができるという程度の性能でその上のVistaや7は現実的ではないといったところだった。中には無線LANやGPU性能に凝ったものもあったがコストパフォーマンス的には疑問符がつくようなシロモノばかり。(Intel Atom 330をネガったような表現になっているが私自身はAtom330マシンのことを割と気に入っている)

で、いろいろ調べてみたがraspberry pi 4 > Intel Atom 330 ということで結論づけてもいいような気がする。これの何が凄いかというとその省スペースさ。Atom330の乗ったマシンなら大体は分厚い電話帳1~2冊分ぐらいの容積のマシンが必要になるが、raspberry piはトランプの箱ほどの大きさで済んでしまう。今まではいくら小さくて省電力でもARMプロセッサだから性能がな~と思っていがAtom330よりも普通に高性能であるなら使う理由はほとんどなくなってしまう。あるとしたら愛着ぐらい。

-交差運転日記

Copyright© まとまりのないブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.