まとまりのないブログ

something which something is something

delphi

Delphi – TStringListの使い方

投稿日:2018年6月18日 更新日:

DelphiのTStringListについて。TStringListは文字列をリストとして扱うクラス。

宣言

var
sl:TStringList;

初期化

sl := TStringList.Create;

要素を追加

sl.Add(‘abc’);

要素を取得

sl[0];

要素を削除

sl.Delete(0);

セットされた文字列をファイル出力

sl.SaveToFile(pathToString);

-delphi

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

no image

DelphiのDBgridのmultiselect

DBGrigのmultiselectプロパティをtrueに設定してみてもマウスドラッグでマルチセレクトされないから何か他の設定方法があるのかとおもいきや、操作方法が難しいだけだった。 – …

no image

InterBaseコンポーネントでSQLを実行する方法

IBQuery sql:= ‘select id,itemName from item’; IBQuery1.SQL.SetText(Pwidechar(sql)); IBQu …

no image

Delphi DBGridのSelectedRows

DBGridのSelectedRowsで行数を取得するには、DBGridのプロパティのオプションでdbRowSelectとdbMultiSelectをTrueに設定しておかなければ行数を取得することが …

Delphi – string型

Delphiのstring型について。一般的なプログラミング言語にある文字列を扱う型。char型は1文字を扱うがstring型は複数の文字からなる文字列を扱う。string型はchar型が配列となった …

no image

IBQueryのサンプルコード

sql := ‘insert into table(id,name) values(1,’test’)’; IBQuery1.SQL.SetText(P …