まとまりのないブログ

something which something is something

delphi firebird

delphiで組み込みデータベースを使うときの候補

投稿日:

調べた範囲では3つ

  • sqlite
  • firebird
  • Microsoft Access

それぞれのコネクションに使うコンポーネント

sqlite
delphi用のフリーのsqlite wrapper http://www.itwriting.com/blog/articles/a-simple-delphi-wrapper-for-sqlite-3
firebird
InterBaseのコンポーネント。IB~という名前が付いているコンポーネント。
Microsoft Access
ADOコンポーネントを使うことでmdbファイルに接続できる。

組み込みデータベースではあともう一つ、Microsoftのsqlserverもコンパクトタイプとかいう名前で組み込みデータベースとして使うことができる。使ったことはないがだいたいAccessのmdbファイルと同じような使い方だと思われる。visual studio から編集することでデータベースファイルを作成できたと思うが(他にもあるかもしれないが)、メリットはあまりよくわからない。

-delphi, firebird

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

no image

TDBGridとTStringGrid

IBQueryやIBDatasetで開いたテーブルをそのまま表示するなら、DBGridでやれば簡単だが、select文を実行した結果のテーブルセットにちょっと手を加えようと思ったらStringGrid …

no image

Delphi DBGridのカラムの右寄せと左寄せと中央寄せ

alignmentプロパティに入れる定数がわからなかったので備忘録。 左寄せ taLeftJustify 中央寄せ taCenter 右寄せ taRightJustify 使い方は DBGrid3.C …

no image

DelphiのDBgridのmultiselect

DBGrigのmultiselectプロパティをtrueに設定してみてもマウスドラッグでマルチセレクトされないから何か他の設定方法があるのかとおもいきや、操作方法が難しいだけだった。 – …

Delphi – イベントログへの出力

Delphiのイベントログへの出力について。変数のちょっとした確認などに。 str := ‘test’; OutPutDebugString(PChar(str));

Delphi – 実行中のディレクトリを取得

アプリケーションが実行中のディレクトリを取得。exeファイルのある場所。 val := ExtractFilePath(Application.ExeName);