まとまりのないブログ

something which something is something

delphi

IBQueryとIBTransaction

投稿日:

—————————
デバッガ例外通知
—————————
プロジェクト Project2.exe は例外クラス EIBClientError (メッセージ ‘Transaction not assigned’)を送出しました。
—————————
ブレーク(B) 継続(C) ヘルプ
—————————

InterBaseのコンポーネントをテストで使っているのだけれど、トランザクションのコンポーネントをIBQueryにセットしないことにはSQLを実行することはできないみたい。たぶん。InterBaseコンポーネントではSQLを実行するにはトランザクションでコミット・ロールバックしなければならない、という仕様なら従うけれどもー。デバッグしていて思ったんだけれど、コミットもロールバックもしないでアプリケーションが強制終了するという事態に陥ったら、コミットできないままの処理はどうなってしまうんだろう。さっきのテストのようにDBが開かなくなるんじゃないかとビビってるんだけれど大丈夫だろうか。IBQueryのプロパティでauto commitとか無いのだろうか。

-delphi

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

Delphi – 配列の宣言と使い方

Delphiで配列を使うにはvar節で配列要素数を設定する静的宣言と実行時に配列要素数を決定する動的宣言をする。要素数を動的に扱う配列が一般的だと思うのでそれについて記述する。 宣言 var ar: …

no image

Delphi OnGetTextイベント

OnGetTextイベントという名前だけは知っていたが、それがどのコンポーネント(?)のイベントなのかわからなかったので使い方がどうのまで進めなかった。OnGetTextイベントはTFieldが持って …

no image

Delphi 文字列の切り取り

文字列からある部分を切り取る、というようなことをしたかったが、よくあるsubstring関数のようなものはDelphiにはない模様(自分が調べきれていないかもしれないが)。かわりにcopy関数というも …

no image

TDBGridとTStringGrid

IBQueryやIBDatasetで開いたテーブルをそのまま表示するなら、DBGridでやれば簡単だが、select文を実行した結果のテーブルセットにちょっと手を加えようと思ったらStringGrid …

Delphi – TStringListの使い方

DelphiのTStringListについて。TStringListは文字列をリストとして扱うクラス。 宣言 var sl:TStringList; 初期化 sl := TStringList.Cre …