まとまりのないブログ

something which something is something

delphi

IBQueryとIBTransaction

投稿日:

—————————
デバッガ例外通知
—————————
プロジェクト Project2.exe は例外クラス EIBClientError (メッセージ ‘Transaction not assigned’)を送出しました。
—————————
ブレーク(B) 継続(C) ヘルプ
—————————

InterBaseのコンポーネントをテストで使っているのだけれど、トランザクションのコンポーネントをIBQueryにセットしないことにはSQLを実行することはできないみたい。たぶん。InterBaseコンポーネントではSQLを実行するにはトランザクションでコミット・ロールバックしなければならない、という仕様なら従うけれどもー。デバッグしていて思ったんだけれど、コミットもロールバックもしないでアプリケーションが強制終了するという事態に陥ったら、コミットできないままの処理はどうなってしまうんだろう。さっきのテストのようにDBが開かなくなるんじゃないかとビビってるんだけれど大丈夫だろうか。IBQueryのプロパティでauto commitとか無いのだろうか。

-delphi

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

no image

InterBaseコンポーネントでSQLを実行する方法

IBQuery sql:= ‘select id,itemName from item’; IBQuery1.SQL.SetText(Pwidechar(sql)); IBQu …

no image

delphiで組み込みデータベースを使うときの候補

調べた範囲では3つ sqlite firebird Microsoft Access それぞれのコネクションに使うコンポーネント sqlite delphi用のフリーのsqlite wrapper h …

no image

TDBGridとTStringGrid

IBQueryやIBDatasetで開いたテーブルをそのまま表示するなら、DBGridでやれば簡単だが、select文を実行した結果のテーブルセットにちょっと手を加えようと思ったらStringGrid …

Delphi – TStringListの使い方

DelphiのTStringListについて。TStringListは文字列をリストとして扱うクラス。 宣言 var sl:TStringList; 初期化 sl := TStringList.Cre …

Delphi – 実行中のディレクトリを取得

アプリケーションが実行中のディレクトリを取得。exeファイルのある場所。 val := ExtractFilePath(Application.ExeName);