まとまりのないブログ

something which something is something

vb.net

VB.NETのwindowsフォームのサイズをマウスで変更できるようにする

投稿日:

windowsフォームのサイズをマウスカーソルをフォームの境界線にもっていくとサイズ変更ができるようにする。方法は、formプロパティのAutoSizeModeをGrowOnlyに設定する。すると、フォームの四辺にマウスカーソルを持っていくとマウスカーソルの形状が変わりフォームのサイズ変更ができるようになる。GrowAndShrinkと設定してもサイズ変更はできなかった。GrowOnlyという字義からすると縮小しないような気もするが、気にしてはいけない。

-vb.net

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

no image

データグリッドの列の並び順が変わってしまう

datagridviewへdatasetにセットされたテーブルをバインドしたとき、一度目のバインドでは思い通りの列の並び順にならぶ。次に、同じデータグリッドへ列数が少ないテーブルをバインドする。これも …

no image

datagridの選択した行のセルの値を取得する

備忘。.netframeworks2.0のコントロールであるdatagridコントロールで、バインドされたデータ一覧から選択された行のセル値を取得する方法。datagridのSelectedRowsプ …

no image

メタ文字のエスケープ

sqlインジェクション対策の一つのメタ文字のエスケープ処理。ローカルで利用するwindowsアプリケーションなので、インターネット上のwebアプリのように攻撃されることはないけれど、操作している上でメ …

no image

mschartが表示されない

vb.netで作成したwindowsアプリケーションにグラフを表示させてみようと思って、mschartというグラフ描画コンポーネントを使うことにした。そして、実装が終わってリリースしたものを他のマシン …

no image

datagridにバインドしたデータが120秒経つと消える・・・

訳の分からない現象が現れた。accessのmdbへselect文を発行して取得したテーブルをdatagridコントロールにバインドするようにプログラムした。そしてデバッグで表示を確かめようとしたところ …