レイアウトの位置設定でframeで設定する場合とpositionで設定する場合の違い

iosのUIButtonの配置で気になったのでメモ。


var myButton: UIButton!

// Buttonを生成する.
myButton = UIButton()
        
// サイズを設定する.
myButton.frame = CGRectMake(0,0,200,40)

// ボタンの位置を指定する.
myButton.layer.position = CGPoint(x: self.view.frame.width/2, y:200)

ポジションの設定はCGRectMakeでサイズとポジションを設定する方法と、layer.positionにCGPointで設定する方法がある。この二つの違いは、ポジションの原点の位置が異なる模様。CGRectMakeで設定する場合は原点はビューの左上になり、上記の0,0というポジションなら画面の左上にピタリと配置されることになる。CGPointで設定した場合は、原点はビューの中心となり、CGPoint(x: 0, y:0)と設定すると画面左上に配置されるがビューの中心を基準に配置されるので右下4分の1だけ表示されることになる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)