玄箱の初期化とdebian化

もう一度はじめからやり直し。

  1. 既存パーティションの削除
    # mfdisk -e /dev/hda
    delete partition 1
    delete partition 2
    delete partition 3
    create partitions...
    deleate all partitions.
    The partition table has been altered!
    
  2. その後のhda1からhda3までのパーティション作成手順はvine化でやったことと同じ。→ 玄箱の初期化とvine化
  3. 玄箱にdebianをインストールするためのハックキットの入手こちらサイトのdebian-sarge-2.6.16.9-KUROBOX-20060422.tgzをダウンロード。ダウンロードしたハックキットを”tmpimage.tgz”へリネーム。そしてzipファイルに圧縮。名称はimage.zipにリネーム。
  4. 玄箱のファームウェアアップデートでdebian化の作業を行おうとしたら、処理の途中で”ファームウエアの更新に失敗しました。”とエラーが表示されて処理を完了できない。仕方が無いので直接image.zipを玄箱へ送って展開をする。操作手順はこちらの玄箱/HG 入手を参考にした。
  5. ftpでクライアントから玄箱の/tmp/root/tmpへimage.zipを送る。そしてtera term proを使って玄箱に送ったimage.zipを展開する。
    # cd /tmp/root/tmp
    # ls -l
    image.zip
    # unzip image.zip
    Archive:  image.zip
      inflating: tmpimage.tgz
    # tar ztvf tmpimage.tgz
    (省略)
    # cd ../
    (省略)
    /tmp/root
    # tar zxvf tmp/tmpimage.tgz
    (省略)
    
  6. fl3を修正する。玄箱をEMモードではなく通常モードで起動するように設定。
    # echo -n 'OKOK' > /dev/fl3
    

    この後tera term からの接続を切ってから玄箱の電源ボタンを3秒から5秒ほど長押しして電源を落とす。そして再び電源ボタンを押してdebian化した玄箱を起動する。

  7. debianをインストールした玄箱を起動してログインをする。ハックキットによるとローカルIPやユーザなどの設定があらかじめされている模様。
    • ローカルipアドレスは192.168.0.100で固定
    • rootユーザのパスワードはroot
    • tmp-kunユーザのパスワードはtmp-kun

    というような設定がされている模様。私の環境ではネットワークのローカルIPが192.168.11.1という設定でそれから192.168.11.2から62台まで順番にipアドレスを割り当てるというようなルータの設定が施されていたので、ハックキットに合わせてルータの設定を一時的に変更することにした。tera termから玄箱に接続することができたならば、ユーザtmp-kunでログインして、suでroot権限に変更して、/etc/network/interfacesを修正することでローカルの固定IPアドレスを変更できる。下記のように修正した。

    KURO-BOX:/# vi /etc/network/interfaces
    # Used by ifup(8) and ifdown(8). See the interfaces(5) manpage or
    # /usr/share/doc/ifupdown/examples for more information.
    iface eth0 inet static
    address 192.168.11.10
    network 192.168.11.0
    netmask 255.255.255.0
    broadcast 192.168.11.255
    gateway 192.168.11.1
    
    iface lo inet loopback
    
    auto eth0 lo
    

    また、/etc/hostsファイルも合わせて修正をした。

    KURO-BOX:/# vi /etc/hosts
    127.0.0.1       localhost
    192.168.11.10   KURO-BOX
    
    
    # The following lines are desirable for IPv6 capable hosts
    # (added automatically by netbase upgrade)
    
    ::1     ip6-localhost ip6-loopback
    fe00::0 ip6-localnet
    ff00::0 ip6-mcastprefix
    ff02::1 ip6-allnodes
    ff02::2 ip6-allrouters
    ff02::3 ip6-allhosts
    

    設定後に玄箱の電源を落とす。そしてルータの設定を元に戻してから、玄箱の電源を入れる。私の場合は玄箱のローカルIPアドレスは192.168.11.10にすることにした。buffalo製のルータを昔から使っているためか、ローカルIPアドレスは192.168.11.1からはじまってないと何かしっくりこない(^^;

  8. rootのパスワードの変更をする。
    tmp-kun@KURO-BOX:/$ su
    Password:
    KURO-BOX:/# passwd root
    Enter new UNIX password:
    Retype new UNIX password:
    passwd: password updated successfully
    
    
  9. ユーザの作成をする
    KURO-BOX:/# groupadd cdn
    KURO-BOX:/# mkdir /home/cdn
    KURO-BOX:/# useradd -g cdn -d /home/cdn/nakahira nakahira
    KURO-BOX:/# passwd nakahira
    Enter new UNIX password:
    Retype new UNIX password:
    passwd: password updated successfully
    
  10. パッケージ情報の更新
    KURO-BOX:/# apt-get update
    (省略)
    

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)