シンプルな家計簿(仮) 各種設定

ここではシンプルな家計簿(仮)の各設定項目の説明を行います。カスタマイズすることで利便性を向上させるための設定です。

  • 口座の登録・削除
  • 費目・内訳の編集
  • ユーザ設定の編集
  • 口座種別の編集
  • 月初めの設定
  • データのバックアップ・csv,xmlファイル出力

口座の登録・削除

口座の登録・削除をするには、ダッシュボードの画面左下にある家計簿の管理にある項目から選択するか、または、メニューバーのツールから口座の登録・削除を選択することで編集をすることができます。

口座の登録をするには、口座の種別をプルダウンメニューから選択し、口座名称を入力、初期残高の+と-を選択と初期残高の金額を入力します。すると登録ボタンがクリック可能な状態になりますので、登録ボタンをクリックして登録完了です。

口座を削除する場合は、登録済みの口座一覧から削除する口座を選択し、右クリックメニューの削除を選択することによって削除できます。また、右クリックメニューから修正を選択すると登録した口座情報の内容を修正することができます。

費目・内訳の編集

費目・内訳の編集をするには、ダッシュボードの画面左下にある家計簿の管理にある項目から選択するか、または、メニューバーのツールから費目・内訳の編集を選択することで編集をすることができます。

画面左側で費目の編集、画面右側で内訳の編集をすることができます。画面上部にあるラジオボタンのチェックを切り替えることによって費目と内訳の編集を切り替えます。基本的な手順としては、まずはじめに費目を作成し、その後、その費目の内訳を追加するという流れになります。

費目の登録

費目を登録するには、費目名と費目の支出・収入区分を設定しなければなりません。それぞれ正しく入力すると追加ボタンがクリックできるようになり、追加ボタンをクリックすると追加完了です。登録済みの費目を削除するには、登録済みの費目一覧からクリックで該当の費目を選択し、右クリックメニューの削除を選択することで削除することができます。

  • 00 その他(支出)は削除することができません。仕様変更:費目は最低1つ必要です。
  • 費目を削除すると、その費目に属していた内訳も削除されます。
  • 既に登録済みの費目は重複して登録することができません。
  • 費目を追加すると自動的にその内訳へ00 その他という内訳が追加されます。

内訳の登録

内訳を登録するには、所属する費目と費目名を設定しなければなりません。ラジオボタンの内訳の編集を選択すると内訳の編集をすることができるようになり、プルダウンメニューから費目を選択します。次にテキストボックスへ内訳名を入力します。正しく入力されていると追加ボタンがクリックできるようになり、追加ボタンをクリックすると追加完了です。

ユーザ設定の編集

ユーザ設定の編集をするには、ダッシュボードの画面左下にある家計簿の管理にある項目から選択するか、または、メニューバーのツールからユーザ設定の編集を選択することで編集をすることができます。

ユーザの設定編集は、初めて起動時に作成したユーザ情報の編集となります。パスワードの設定を変更するということも可能です。

口座種別の編集

口座種別の編集をするには、メニューバーのツールから口座種別の編集を選択することで編集をすることができます。

口座種別とは、口座の種類である預金や現金、証券、カードなどの名称のことです。ここで口座種別の編集を行うと口座登録時に選択する口座種別へ反映されます。

月初めの設定

月初めの設定をするには、メニューバーのツールから月初めの設定を選択することで編集をすることができます。

月初めの日にちを1~28日の範囲で設定することができます。月初めを15日と設定すると、15日から翌月の14日が今月の範囲となります。ここで設定した値は今月の範囲として設定されることになります。

データのバックアップ・csv,xmlファイル出力

データのバックアップ・csv,xmlファイル出力をするには、メニューバーのファイルからそれぞれの項目を選択することで編集をすることができます。

データのバックアップ

データのバックアップを選択するとファイルの保存ウインドウが開き、account.mdbファイルの保存先を指定するようになります。シンプルな家計簿(仮)で入力されたデータは全てaccount.mdbファイルの中に保存されています。
(保存時にファイル名をaccount.mdb以外の名前に変更はしないで下さい。名前を変更するとデータを復元する際にデータファイルを認識することができなくなります。データを復元する場合は、シンプルな家計簿.exeファイルがあるフォルダ内の、dataフォルダ内にあるaccount.mdbファイルと入れ替えてください。)

データのCSV出力

データのCSV出力を選択するとファイルの保存ウインドウが開き、account.csvファイルの保存先を指定するようになります。これは、家計簿の収支データの全記録がcsv形式のファイルとして出力されます。ユーザの情報や口座の情報などは出力されません。(現在のところは)

データのXML出力

データのXML出力を選択するとファイルの保存ウインドウが開き、account.xmlファイルの保存先を指定するようになります。これは、家計簿の収支データの全記録がxml形式のファイルとして出力されます。ユーザの情報や口座の情報などは出力されません。(現在のところは)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)