PC関係の情報など。あとは雑記。

まとブロ

Tips 雑記・雑学

Visual Studio 2005 Standard Edition について

投稿日:




Visual Studio 2005 Standard Editionとは

Visual Studio(以下VS) 2005とはVS.net2003の次のバージョン。.NET Framework 2.0をサポートしている。Standard Editionは有料のソフトウェアで発売当時の実売価格で2~3万程度で購入できる製品だったと思う。バージョンでいえばExpressの次で有料の中で最低ランクの製品。上位版との違いは、機能的にはDB関係の接続手段などできることが限定されているらしい。チームとか大規模なプロジェクトではなくて個人で開発する人向きのエディション。私は使いこなすというほど使い込んでいないのでこれの上位版を必要とするようなケースには遭遇しなかった。

開発言語の種類

  • Visual Basic
  • Visual C#
  • Visual J#
  • Visual C++

主に上記4つの言語で開発できる。

開発できるアプリケーションの種類

Visual Basicを例に。

テンプレート
    Windows アプリケーション

  • クラスライブラリ
  • Windows コントロールライブラリ
  • Web コントロールライブラリ
  • コンソールアプリケーション
  • 空のプロジェクト
スマートデバイス
  • Pocket PC 2003
  • Smartphone 2003
  • Windows CE 5.0
スタートキット
Web
  • ASP.NET Webアプリケーション
  • ASP.NET Webサービスアプリケーション

C++だけちょっと変わってて、

  • ATL
  • CLR
  • MFC
  • スマートデバイス
  • Win32
  • 全般(カスタムウィザード、メイクファイルプロジェクト)

といったような開発ができるようになっている。

開発ターゲット

WindowsアプリケーションであればターゲットCPUにx86とx64が選択できる。スマートデバイスアプリケーションでは選択できるCPUはAnyCPUのみとなっている。PocketPC2003やWindows Mobile5.0が乗っているデバイスはARM系CPU以外はないので(そうなん?)そういうことになってるのだろう。

メモ

VSのバージョンによって開発できるアプリケーションの種類を知りたかったので調べてみた。これ以前になると私は使ったことがないのでウェブで調べられる範囲でということになってしまう。VS6.0からVS.NET2003まではCE版も含めてカオスなことになっているのでどのバージョンで何が開発できるかというのは調べておかないと古い情報なのでどんどん消えていってしまう。

-Tips, 雑記・雑学

Copyright© まとブロ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.