PC関係の情報など。あとは雑記。

まとブロ

シグマリオン 雑記・雑学

GPD Pocket 2と性能を比較してみた - シグマリオン2を手に入れた

更新日:




UMPC関連の新製品について数年前からスルーしていたけれどシグマリオン2を手に入れてから興味が出てきたので最新流行の機種を調べてみた。2018年末のUMPCで最も話題・流行している機種はGPD Pocket2という機種である様子(初代GPDPocketの存在も知らなかった)。折角なのでそのテクノロジーの最先端スペックを2代目つながりということでシグマリオン2と比較してみたいと思う。

外観

スペック

GPD Pocket 2 シグマリオン2
外観
本体サイズ 横幅:181 mm
高さ:14 mm
奥行:113 mm
横幅:189 mm
高さ:27 mm
奥行:107 mm
重量 465 g 500 g
OS Windows 10 Home 64bit Windows CE 3.0 / Handheld PC 2000
CPU Intel Core™ m3
1GHz
2コア / 4スレッド
VR4131
200MHz
1コア / 1スレッド(?)
GPU lntel HD Graphics 615 不明
メモリ 8GB ddr3 32MB
内蔵ストレージ eMMC:128GB 32MB
液晶ディスプレイ 7 インチ(1920x1200) 6.2 インチ(640x240)
通信 無線LAN IEEE802.11他
Bluetooth
IrDA(赤外線)
シリアルポート
無線LAN(CFカード)
インターフェース USB3.0 Type-Ax2
Type-Cx1
microSDスロット
CFスロット(Tyep2)
FOMA端子(実質USB-Bタイプ)
シリアルインターフェース
携帯電話接続端子
バッテリー駆動時間 最大8時間 非通信時:4.5~10時間
通信時:3~5時間
発売日 2018年9月4日 2001年9月7日

感想

GPD Pocket 2という最新UMPCのスペックを見る限り、私のメインPCより性能がいいんじゃないかと思ってしまった。あの小ささで。性能が良すぎると多分私の場合使い方に迷ってしまう。これだけ性能が良ければもうこれがメインPCでいいんじゃないかと思う(´Д`;)

UMPCのGPD Poket2とPDA(でいいのだろうか?)のシグマリオン2を比較するのには無理があった。同じモバイルPCというカテゴリであるだろうけど。Windows 10が当たり前に動いている時点でプログラミングの開発環境として言語に迷う必要はないと言えるのでなんちゃってWindows搭載のシグマリオン2とは次元が違いすぎる。

元祖UMPCといえばEee PCだろうか。ついでだから2代目Eee PCとも比較してみる。

GPD Pocket 2 Eee PC 701 SD-X
外観
本体サイズ 横幅:181 mm
高さ:14 mm
奥行:113 mm
横幅:225 mm
高さ:37 mm
奥行:164 mm
重量 465 kg 910 g
OS Windows 10 Home 64bit Windows XP Home
CPU Intel Core™ m3
1GHz
2コア / 4スレッド
Celeron M 353
900MHz
1コア / 1スレッド
GPU lntel HD Graphics 615 Intel GMA900
メモリ 8GB DDR3 512MB DDR II SDRAM
内蔵ストレージ eMMC:128GB SSD:8GB
液晶ディスプレイ 7インチ(1920x1200) 7インチ(800x480)
通信 無線LAN IEEE802.11他
Bluetooth
無線LAN IEEE802.11b他
有線LAN 10/100Mbps
インターフェース USB3.0 Type-Ax2
Type-Cx1
microSDスロット
SDカードスロット(Tyep2)
有線LAN端子
USB端子X3
VGA出力
バッテリー駆動時間 最大8時間 3.2 時間
発売日 2018年9月4日 2008年1月25日

感想

Eee PCは初代4Gを所有していたことがあったが、UMPCの先駆けとしてほぼ完成している製品だった。それを極限まで進化させたのがGPD Pocket 2なのかもしれない。シグマリオン2がGPD2に勝っている点がないか考えてみたが、強いて言えば外出先で目を離したとしても盗まれる心配がない。盗まれたとしても痛くはないという点が勝っているかなと。

-シグマリオン, 雑記・雑学

Copyright© まとブロ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.