Delphi – TStringListの使い方

DelphiのTStringListについて。TStringListは文字列をリストとして扱うクラス。

宣言

var
sl:TStringList;

初期化

sl := TStringList.Create;

要素を追加

sl.Add(‘abc’);

要素を取得

sl[0];

要素を削除

sl.Delete(0);

セットされた文字列をファイル出力

sl.SaveToFile(pathToString);

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)