チャーハンをうまく作るコツ

固めのご飯を用意する
極端な事を言えば、おかゆ並みの柔らかいご飯ではどんなに上手い人でもパラパラなチャーハンはできない。固めに炊くか、冷やご飯や冷凍ごはんなどを用意して水分を飛ばして固めにする。
コンロの火力を強くしすぎない
チャーハンは火力とスピードが大事、と上手い人は口を揃えて言うが初心者には高火力をコントロールすることもスピーディに鍋振りする技術もないため失敗する原因になる。調理中も鍋から煙がモクモクと出ているようなら熱くなりすぎている。無理して高火力で調理しようとするとご飯を炒めてパラパラにほぐす前に焦げてしまってダマになりベタッとした仕上がりになってしまう。鍋を温めるまでは高火力で、その後は強火〜中火ぐらいで初心者のうちは慣れるようにする。調理時間の目安はコンロの火力全開で調理する場合は最大でも2分以内に仕上げないと焦げる。
仕上げに酒を振る
水分を飛ばしてパラパラするのがチャーハンだがやりすぎるとパサパサになってしまうことも。仕上げに日本酒を振ることでふっくら仕上げることができる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)